引っ越し時の不要品回収 引っ越し時の不要品回収
引っ越し時の不要品回収 引っ越し時の不要品回収
カンタン1分不用品おかたづけの無料見積り査定
本サービスは不用品回収をお考えの方向けに、不用品おかたづけ業者に一括査定依頼ができるサービスです。
本サービスは不用品回収をお考えの方向けに、不用品おかたづけ業者に一括査定依頼ができるサービスです。
本サービスは不用品回収をお考えの方向けに、不用品おかたづけ業者に一括査定依頼ができるサービスです。

引越し時の不用品回収・処分方法は?

引越しの準備をしているときに出てきた不用品は、処分に困ります。
引越す前に処分したいけれど、引越し準備で忙しいときに不用品の処分に手間取りたくないものです。
人に譲るにしても売るにしても、引越し当日までに間に合うかわかりません。


自治体の不用品回収も、種類によっては費用がかかります。
そんなとき便利なのが、引越し業者の不用品回収サービスです。
引越し作業と同時に、不用品を回収してもらえるのは助かります。


ただし、不用品の種類やタイミングによっては引越し前に処分できたほうが楽なこともあるため、引越し業者以外の不用品処分方法も検討しておいたほうがよいでしょう。


ここでは、引越し業者が提供している不用品回収サービスの料金相場・各業者の違い・引越し業者に不用品回収を依頼するメリットと注意点・引越し業者以外で不用品を処分する方法などについてわかりやすく解説しています。

引越し業者の不用品回収サービスについて

引越しの準備をしているときに出てきた不用品は、処分に困ります。
引越す前に処分したいけれど、引越し準備で忙しいときに不用品の処分に手間取りたくないものです。
人に譲るにしても売るにしても、引越し当日までに間に合うかわかりません。


自治体の不用品回収も、種類によっては費用がかかります。
そんなとき便利なのが、引越し業者の不用品回収サービスです。
引越し作業と同時に、不用品を回収してもらえるのは助かります。


ただし、不用品の種類やタイミングによっては引越し前に処分できたほうが楽なこともあるため、引越し業者以外の不用品処分方法も検討しておいたほうがよいでしょう。


ここでは、引越し業者が提供している不用品回収サービスの料金相場・各業者の違い・引越し業者に不用品回収を依頼するメリットと注意点・引越し業者以外で不用品を処分する方法などについてわかりやすく解説しています。

引越し業者の不用品回収サービス料金相場

引越し業者は多数あります。
引越し料金やサービスの評判などから、業者選びをしている人も多いのではないでしょうか。


引越しで出る不用品の回収に困っているなら、不用品回収サービスを提供しているかどうかも選択項目に加えてみる手があります。


不用品回収サービスをおこなっている引越し業者によっても有料・無料の違いがあり、業者ごとの料金相場をチェックしておくのがおすすめです。


引越しのサカイ、日通、ハート引越しセンターなどの大手引越し業者が提供している不用品回収サービスについて、それぞれの違いを見ていきましょう。

クロネコヤマトの不用品処分サービス料金相場

クロネコヤマトでは、専用ボックスを使った単身者向け引越しサービスを提供しています。
単身者向け引越サービスでは、不用品の買取・回収をしていません。


専用ボックスに入りきらない荷物については、別料金での宅急便配送が可能です。
引越し先か引越す前に、他の方法で不用品処分を検討する必要があります。


クロネコヤマトでは家族向けの引越しサービスで不用品回収や買取をおこなっていましたが、2019年2月25日に家族向け引越しサービス休止の告知をしています。


サービス休止以前は、購入から6年以内の家電類について買取するなどのサービスを提供していました。


引越しのサカイの不用品処分サービス料金相場

サカイ引越サービスでは、自社でリサイクルショップを運営していることもあってか不要品の買取・引き取りサービスが充実しています。


基本的にはタンスやソファーなど大型家具の不用品は自治体の粗大ゴミに出すことがすすめられていますが、不用品を引き取っているエリアもあります。大型家具を引き取ってもらう際には、委任状の提出が必要です。
引越しの見積もり時に、相談してみてください。
生活ゴミやパソコンは、処分してもらえません。


また、リサイクルショップで不要品を買い取ってもらう場合は、引越し作業の前後にサービスを利用する必要があります。
引越し作業時に、リサイクルショップへ買取依頼する品を引き取ってもらえるわけではありません。


不要品の中でも、家電リサイクル法の対象となっているものは有料で引き取ってもらえます。
エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機などが対象品です。


リサイクル料金は、RKC一般財団法人家電製品協会が定めている金額に収集運搬料金3,000円(税別)が加算されます。
RKC一般財団法人家電製品協会が定めるリサイクル処分料金は、メーカーと品目によって異なります。
例えば、アイリスオーヤマの洗濯機なら3,000円(税別)、東芝の冷蔵庫なら170リットル未満で3,400円(税別)、170リットル以上で4,300円(税別)といった具合です。


日通の不用品処分サービス料金相場

日通では、不用品の引き取りサービスをおこなっています。


エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機などの家電リサイクル法対象品は、引越し時に引き取ってもらえます。
見積もりを依頼する際に、問い合わせてみてください。


机・ソファーなど大型家具の粗大ゴミについては、エリアによって日通が引き取りを受け付けています。
生ゴミを含む生活ゴミは、引き取っていません。


いずれも料金については公開されておらず、問い合わせベースで相談可能です。

引越しのヨシムラの不用品処分サービス料金相場

福岡発の引越しサービスを提供しているヨシムラでは、粗大ゴミ・引越しゴミ・家具・家電品などの不用品を回収しています。


電話すれば即日対応が可能で、粗大ゴミは1点3,000円から引き取ってくれます。
製造5年以内の使用可能な家電製品は、買い取りしてもらうことも可能です。
お部屋まるごとの回収を依頼できる点にも注目です。
エアコン・パソコン・バイク・給湯器・バッテリー・ゲーム機など、改修費が無料になる品目も多数あります。


トラック詰め放題プランでは、2つのプランを提供。


140cm×90cmの軽トラック詰め放題は8,000円、180cm×300cmの2トントラック詰め放題は20,000円の料金です。
逆に、小物を1点からでも回収依頼できます。


袋づめから片付けまでしてもらえるので、長年使っていない部屋・倉庫・ベランダなどに置いてある不用品、遺品処理にも便利です。


ハート引越しセンターの不用品処分サービス料金相場

ハート引越センターでは、不要品の買取サービスをおこなっています。


国内最大級の買取品目を誇っているので、買い取ってもらうのは難しいかもしれないと思うものでも相談してみる価値があります。
利用は、引越し前でも後でもOKです。
無料の宅配キットを請求できるうえに、送料も手数料も無料です。
買取が成立すれば、最短7日で入金してもらえます。


宅配キットは専用段ボール箱での梱包となりますが、箱に入りきらない大型家具などは別途引き取りの相談が可能です。
ただし引き取り対応可能なエリアと不可能なエリアがあるため、事前に問い合わせする必要があります。


アリさんマークの引越社の不用品処分サービス料金相場

アリさんマークの引越社は、業界でも先行して家電リサイクル券の取り扱いを始めた業者です。


家電リサイクル法の対象となるエアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機などは、引越し見積もり時に相談してみてください。
当日の申し出も可能な点は便利です。
料金は、RKC家電製品協会が定めた金額に基づいています。


品目とメーカーにより料金が異なり、例えばパナソニックのエアコンは990円、液晶テレビは15V型以下で1,870円、16V型以上で2,970円などが一例です。


家電リサイクル法対象品以外の粗大ゴミや生活ゴミは、引き取ってくれません。


引越し業者の不用品回収サービスは安い?

ここまで紹介したように、引越し業者の不用品回収サービスはコスパの良さが魅力です。


自力で不用品を処分する手間を考えると、引越し作業時にまとめて回収してくれるのは助かります。
中には不要品を買い取ってくれる引越し業者もあり、手数料が無料であれば不用品回収業者に依頼するより安いこともあるかもしれません。


ただし、粗大ゴミの回収を自治体に依頼するようすすめている引越し業者も多く、自治体の回収料金のほうが安い不用品もあります。
家電リサイクル法対象品の場合は料金が共通ですから、どこの業者に依頼しても違いはありません。


検討している引越し業者には、見積もりと同時に不用品回収料金についても問い合わせて比較してみることをおすすめします。


引越しと不用品回収を同時に行うメリット

引越し業者に不用品回収を依頼できると、引越し作業に合わせて不用品を処分できるのがメリットです。


自治体の粗大ゴミ回収券を購入したり重い荷物を運んだりする必要もなく、リサイクルショップやネットオークション、フリーマーケットなどに不要品を出す手間も省けます。


引越しの見積もりに合わせて不用品回収を相談できるので、二度手間になる面倒もありません。
引越し業者によっては、事前に依頼しておいた不用品以外の物も処分してくれることがあります。


ただし、引越し作業の前後に利用する買取サービスの場合は引越し作業と同時というわけにいかない点がデメリットです。


不用品回収を依頼する際の注意点

引越し業者は、基本的にゴミ処理業者ではありません。
そのため、不用品回収をおこなってくれることがあっても一般家庭ゴミは回収してもらえないことに注意しておきましょう。
生ゴミをはじめとする生活ゴミは、引越し前か引越し作業後に自力で処分する必要があります。


回収してくれる不用品の場合も、依頼は事前にしておいたほうが万が一のトラブルを回避できます。


運搬車に不用品が乗りきらないこともありますし、引越し料金と不用品回収の料金の区別がつきにくくなり料金トラブルになりかねません。


また、依頼した不用品は、引越し先に運んでもらう荷物とは別の場所に分けておくことも大切です。
引越し荷物を誤って処分されたり、不用品を引越し先に運ばれてしまっては意味がなくなるため注意しておきましょう。


引越し業者の不要品買取について

引越し業者によっては、有料か無料で不用品の引き取りをおこなうだけでなく買取してくれることもあります。


ここで紹介した引越し業者の中では、サカイ引越サービスが自社運営のリサイクルショップにて不要品買取を実施しています。
ただし、引越し作業と同時の買取ではなく、引越し前後にサカイのリサイクルショップに買取を依頼する必要があります。
引越し見積もり時に相談することも可能です。


ヨシムラでは、製造から5年以内のまだ使える家電品であれば買取してもらえます。


ハート引越しセンターは、提携のリサイクルショップに買取依頼が可能です。
宅配キット・送料・手数料が無料という点が特徴です。


不用品回収を引越し業者以外に依頼する方法

引越し業者に依頼できない不用品があったり、引越し作業を依頼したい業者で不用品回収をおこなっていない場合、他の業者にあたってみる必要があります。


これから紹介する引越し業者以外の不用品回収方法も、比較検討してみてください。


不用品回収専門の業者に依頼する

不用品回収を専門としている業者に、引き取りを依頼する方法があります。
自治体の粗大ゴミ回収には出せないものまで引き取ってくれることもあり、運搬しにくい物や大量の不用品でも処分してもらえるのがメリットです。


大抵の不用品は引き取ってもらうことが可能で、依頼すれば即日対応してもらえる場合もあります。
都合のよい日時に予約することも可能です。
料金は、業者や依頼する物・量によっても大きく異なります。
基本料金だけで5,000円以上、トータルで数万円は見ておいたほうがよいでしょう。


デメリットとしては、悪質な業者がいる点が挙げられます。
無料で回収に行くという広告文句に乗って連絡すると高額な回収料金を請求されたり、回収を断ると出張費を請求してくる業者もいる点に要注意です。


強気に出られそうな客だと見ると、お金を払うまで居座られてしまうようなこともあります。
不用品回収業者として公的に登録されているか、見積もり後に断ることもできるかを確認してから問い合わせるようにしましょう。

便利屋に不用品回収を依頼する

町の便利屋さんに、不用品を回収してもらう方法もあります。


日頃からつきあいのある業者であれば、信頼できるうえに気軽に頼みやすいでしょう。
不用品回収業者に比べると、料金が安くなることもあります。
軽トラック1台で15,000円程度以上が、相場です。


最寄りの便利屋さんであれば、町の人が評判を知っていたり、前を通りかかってどんな業者か判断しやすかったりするメリットもあります。


デメリットは、不用品回収に慣れていない業者があったり、スタッフ1名で作業に予想外の時間がかかったりすることがある点です。
不用品を搬出する際に、壁や床に傷をつけられてしまう可能性もあります。
スタッフの人柄もサービス内容も評判の良い便利屋さんに依頼できるよう、探してみることが大切です。

自治体の粗大ごみに出す

不用品を自治体の粗大ゴミに出す選択肢もあります。


まず、粗大ゴミに出せる不用品かどうかを自治体の公式サイトなどで確認し、そのうえで粗大ゴミ処理券を購入します。
処理券を販売しているのは、自治体が定めたコンビニや商店などの取扱所です。
料金は品目によって異なり、例えばアイロン台・アンテナ・椅子なら300円、2人掛け以上のソファは2,000円といった具合に細かく設定されています。


回収してもらう品目ごとに処理券を購入し、粗大ゴミに貼って出さなければなりません。


自治体の粗大ゴミ回収は、品目によっては業者への依頼より安く済みます。
しかし、自分で回収依頼の予約をして回収所まで運ばなければならない点は大変です。
また、一度に回収してもらえる品目数が限られていたり、予約したい日が埋まっていて予約できない場合もあります。
引越し当日に粗大ゴミを出せないとなると、他の方法を考えなければなりません。


自治体の粗大ゴミ回収を利用する場合は、回収してもらえる品目をしっかり確認することと処理券を品目ごとに貼る点、回収日の予約を早めにしておく点に注意しておきましょう。

引越し時の不用品処分方法は早めに検討しよう

引越しにあたって処分したい不用品がある場合は、早めに準備を始めることをおすすめします。


引越し作業以外にお金がかかるケースもあり、処分するのに時間や手間がかかる方法もあります。
引越し業者に依頼できる場合も、事前の問い合わせが賢明です。


引越し作業をスムーズに済ませるためにも、不用品処分の方法について前倒しで検討してみてください。

カンタン1分不用品おかたづけの無料見積り査定
本サービスは不用品回収をお考えの方向けに、不用品おかたづけ業者に一括査定依頼ができるサービスです。
本サービスは不用品回収をお考えの方向けに、不用品おかたづけ業者に一括査定依頼ができるサービスです。
不用品おかたづけはとても手間がかかり、時には大がかりな作業になることがあります。
不用品をおかたづけしたいのにおかたづけ方法がわからない、どの業者にお願いするのがいいのかわからない、
といった理由で 部屋の中に不用品を置きっぱなし、という方も多いのではないでしょうか。
エコノバでは、皆様が「安心して」「カンタンに」作業を依頼出来る様な仕組みを整えさせて頂いております。
当サイトの厳しい審査基準や規約をクリアした安心・安全・親切・信頼の専門業者のみご紹介させて頂いておりますので
是非ご安心のうえご希望の業者様をお選び頂ければ幸いです。
あなたに代わって業者に見積もり依頼を出します! 0066-9687-1655