カンタン1分不用品おかたづけの無料見積り査定
本サービスは不用品回収をお考えの方向けに、不用品おかたづけ業者に一括査定依頼ができるサービスです。
本サービスは不用品回収をお考えの方向けに、不用品おかたづけ業者に一括査定依頼ができるサービスです。
本サービスは不用品回収をお考えの方向けに、不用品おかたづけ業者に一括査定依頼ができるサービスです。

不用品回収を安くする方法とは?

引っ越しや遺品整理、家電の買い替えなど不用品を処分する際に困るのが、処分の仕方がよく分からないと言うことではないでしょうか。
要らないものを捨てるだけなのに高い費用をかけるのはもったいない、と感じるのは当然です。
この記事では、要らないものをできるだけ安く処分するための方法をご紹介します。
自分に合った処分方法を検討してみましょう。


1.不用品回収を安くする方法

不用品の処分にはお金がかかります。
特に大きな家具や家電を処分するときは、そのための料金を支払わなければならないことも多いです。
物を捨てるのに高いお金をかけるのはもったいないことから、不用品処分の費用を減らすためには処分方法をいろいろと考える必要があります。
ここでは、どのように不用品を処分していけば安く済ませられるのかを説明していきます。
また、業者を利用する場合であっても相手に言われるまま料金を支払うのではなく、どのように利用するかを自分で検討することで費用削減に繋がります。
業者を利用しない処分方法もありますから、それも合わせて確認していきましょう。

1-1.不用品回収業者を安く利用するコツ

まずは、不用品回収業者を利用したときの処分方法について解説していきます。
どのように利用すれば安くできるのか、見ていきましょう。

1-1-1.不用品の種類を確認する

引っ越し等で大きな不用品が出たとき、頼りになるのが不用品回収業者です。
自宅まで不用品を回収に来てくれるので自分で回収場所に運んだり、家の外に運び出す必要がありません。
特に高齢で家具を動かすのが難しい人や急いで不用品を処分したい人などに重宝されているサービスです。
回収業者に依頼すると当然料金が発生します。
料金をゼロにすることはできませんが、何も分からないまま依頼すると思いがけないほど高額になってしまう可能性があります。
不用品回収業者を利用する際のコツについて調べていきましょう。


まず、利用料金は不用品の種類によって変わることを把握しておきましょう。
不用品回収業者の料金には、大きく分けてアイテム別料金とパック料金の2種類があります。
どちらもやっているという業者もあれば、片方だけのサービスを提供している業者もあるのでよく確認しておきましょう。
アイテム別料金の場合、主に家具や家電など大型の物ほど処分するときの料金が高くなります。
運び出すために人数を揃えたり、大型の車両を出す必要があるのでその分費用が高くなるからです。


不用品回収業者の料金は明確なルールが存在せず、業者が独自に決めています。
適正な料金で依頼するために、まずは自宅から出た不用品の種類を確認しましょう。
処分したいアイテムがはっきりすれば料金が調べやすくなりますし、おおまかな相場を把握しておくと複数の業者の料金を比較検討することができます。
これで相手に言われるまま高い料金を払ってしまった、という事態を回避することが可能です。


ここで一点注意しておきたいのが「家電リサイクル法」です。
エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の4品目はこの法律の対象となっており、リサイクルが義務付けられています。
要らなくなったから、とポンと捨てることはできず、捨てる人が責任を持ってリサイクル料金を支払わなければなりません。
これは不用品回収業者を利用する際も同じで、処分料金以外にリサイクル料金が必ず発生します。
分からないことがあれば、質問して確認しておくことをおすすめします。

1-1-2.業者に依頼する物かどうか分別する

不用品の種類によって、料金は大きく異なります。
そのため、料金と処分するための手間を秤にかけて、本当に業者に依頼するかどうか決めていくと良いでしょう。
例えば、冷蔵庫を処分したいと考えている場合、不用品回収業者に依頼すると処分料金だけで5,000円以上かかってしまうことも珍しくありません。
しかし、周囲に欲しがっている人がいて、その人に譲渡することができれば無料で処分することができます。
リサイクルショップに買い取ってもらえれば、逆にお金が返ってくる可能性もあります。
特に不用品がまだ新しく引き取ってくれる人が見込める場合は、こうした処分方法も積極的に検討すると良いでしょう。

1-1-3.専門業者に依頼する

不用品を処分するときに頼りになるのが不用品回収業者です。
費用はかかりますが、利用にはいろいろなメリットがあります。
まずは手間なく不用品を処分することができるという点です。
不用品とはつまるところゴミですから、自分で処分しようとすると分別してゴミの日に出さなければなりません。
ゴミの日は種類ごとに曜日が決まっているので一度に全ては片付かず、しばらくは家の中にゴミとしてとどまり続けることになります。
しかし、業者に依頼すればゴミの仕分けからやってもらえる上、そのまま引き取ってもらえるので部屋がすぐに片付きます。


こちらの都合の良い日に回収してもらえるというのも嬉しいポイントです。
回収業者は民間企業ですから、サービス内容や営業時間も様々です。
そのため、自分にとって利用しやすい業者を選んで利用することができます。
行政サービスは平日の指定日時にしか利用できないため、特に平日時間が取れないという人には嬉しいメリットでしょう。
また、行政サービスでは回収できないタイヤやピアノ、薬品類といったものも業者であれば回収してもらえます。
家具の解体や搬出作業も任せることができるので、不用品処分にかかる手間を大幅に減らすことができるでしょう。


不用品回収業者は専門業者です。
そのため、何でも屋や便利屋に比べて安く利用することができます。
とはいえ、利用料金の確認は必須です。
料金に決まったルールはなく、業者ごとに異なるのでしっかりと確認しておきましょう。
基本的に料金は不用品の種類や大きさによって変化します。
また単品だけではなく、トラックに積めるだけ積んで持って行ってもらえる「積み放題パック」を行っている業者もあります。
遺品整理や引っ越しで大量に不用品が出たというときなどは単品で頼むよりお得に処分してもらえるので、是非活用すると良いでしょう。

1-1-4.見積もりを取り業者を比較をする

不用品回収業者は専門業者ではあるものの、料金体系は業者によって異なります。
サービスの内容も異なっており、基本料金や回収料金、オプション料金の設定の仕方も違います。
その他解体料金や出張料金が別でかかることもあるので、依頼する前にしっかりと見積もりを取ることが大切です。
また、複数の業者から見積もりを取れば、適正価格帯の中から一番安い業者を見つけることができます。
無料で見積もりを取ってくれるところも多いので、是非活用していきましょう。


不用品回収業者は一般廃棄物収集運搬許可を持って営業しているところが多いですが、こうした許可証がなければ運営できないというわけではありません。
誰でも行える事業であるため、悪質な業者も増えてきています。
高額請求や不法投棄を行っている業者に引っかからないためにも、見積もりを賢く活用していきましょう。
見積もりを依頼する際に、資格や許可を持っている業者かどうか確認することも有効です。


特にしっかりと確認しておきたいのが、基本料金や回収料金の他に必要になる諸費用です。
交通費や人件費はこの諸費用に含まれますが、詳細を記載しないまま余分に増やす業者も少なくありません。
諸費用が全体に占める割合は業者によって変わりますが、全体費用の2割以上を諸費用が占めている場合は注意が必要です。
場合によっては、諸費用の内訳を業者にしっかりと確認しましょう。
また、見積もりをデータや書面でもらっておくことも大切です。


最初から怪しい業者は避けるようにすることも大切です。
特に気をつけたいのが無料回収を大々的に謳っている業者です。
不用品を無料で処分することはできませんから、無料回収では当然業者は赤字になってしまいます。
基本料金だけが無料で高額な追加費用が必要になったり、当日になって不明瞭な追加費用を請求されたりするトラブルも多いため、無料回収を安易に信じないようにしましょう。
また、適切に処分せず不法投棄などで不用品を片付けている悪質業者も存在します。
回収業者が不用品を不法投棄した場合、適正な料金を支払っていないとその責任は業者ではなく、利用者にかかります。
そういった意味でも、異様に安い価格は警戒しておいた方が無難です。

1-2.業者を利用せずに不用品を処分する方法

業者を利用せずに不用品を処分するには、どのような方法があるのでしょうか。
ここからは、業者を利用しない場合の不用品の処分方法をご紹介していきます。

1-2-1.粗大ごみに出す

住んでいる自治体のルールに従って、不用品を処分する方法もあります。
市区町村で回収してくれる粗大ゴミに該当していれば、受付センターに回収を依頼することで処分することが可能です。
誰でも利用することができる上、税金が投入されているため民間の業者を利用するよりも料金は安くなります。
とにかく安く処分したいという人に向いている処分方法です。
ただし、利用する際は自治体が指定する回収券を購入する手間が生じます。
また、回収日時をこちらが指定することもできません。


もう一点、不用品を粗大ゴミに出すときに注意したいのが、自宅まで回収に来てもらえないという点です。
指定された回収場所まで自分で運搬する必要があります。
そのため、重いものや大きいものだとかなりの労力が必要になるでしょう。
無理に運ぼうとして壁や床を破損した、というトラブルもよく聞かれます。
また盗難を防ぐという意味でも、必ず当日の朝に回収場所まで運ばなければなりません。
知人など周囲の人に事前に運んでもらうという手段が使えないのは難点と言えるでしょう。


他にも、家電リサイクル法の対象になっている家電は粗大ゴミとして出すことができません。
その以外にもバッテリーやタイヤ、ガソリンなど粗大ゴミの対象外になっている品目はいくつか存在するため、全ての不用品が対象になる訳ではないことを覚えておきましょう。
細かいルールは各自治体で異なるため、確認が必要です。

1-2-2.知人やネットを利用して譲渡する

自分にとっては不用品でも、他の人にとってはそうではないかもしれません。
友人や知人で欲しいという人がいるなら、その人に譲ることで簡単に手放すことができます。
周りに欲しいという人がいない場合でも、ジモティーなどのサイトを利用すればもらい手が見つかる可能性があります。
まだ新しい物や珍しい物、趣味の品であればもらい手が見つかる可能性も高くなりますから、検討してみると良いでしょう。
実物を見てもらってから渡すことができれば、後になってトラブルが発生する可能性も低くなります。


ただし、誰かにあげたいと思っても欲しいという人が見つからなければ無理な話です。
なかなか譲渡先が見つからず、いつまで経っても不用品が場所を占領しているという事態が起きる可能性もゼロではありません。
また、タンスなど大きかったり重かったりする家具は素人では移動が大変なため、搬出・搬入をプロに頼まなければならないケースも想定しておきましょう。
その場合は当然費用が発生します。


1-2-3.フリマなどを利用して販売する

譲渡だけではなく、不要品は売ることでも処分することができます。
フリーマーケットやネットオークションに出品して、買い手を探してみましょう。
自分で買い手を探す手間を省きたいなら、リサイクルショップなどに持って行くのも一つの方法です。
料金を支払う必要がないばかりか、お金が入ってくるのが大きなメリットです。
リサイクルショップであれば、ジャンルを問わずまとめて売却することができます。
そのため、一気に片付けてしまいたいというときにおすすめです。
少しでも買い取り査定を上げるため、可能な限り綺麗にしておくと良いでしょう。
最近は出張買い取りや宅配買い取りをしてくれる業者も増えており、こうしたサービスを利用すれば店舗に持ち込む手間も省くことができます。


フリーマーケットやネットオークション、フリマアプリは自分で料金を設定できるのが大きなメリットです。
自分が納得できる金額で品物を手放すことができます。
ただ品数が多いと一点一点写真を取ったり、商品説明を作成して料金設定をしなければならないので、手間が増えてしまいます。
発送の手間もかかるため、その点も注意が必要です。
また、当然ですが買い手が見つからないと売ることはできません。
今すぐ処分したい、という時には向きませんから、時間がかかってもいいという場合にのみ検討するようにしましょう。


工夫して安く処分しよう

不用品の処分にはいろいろな方法があります。
方法を知っているのと知らないのとでは手間や費用に大きな差が生まれるため、まずは情報収集から始めるようにしましょう。
不用品回収業者を利用する場合でも不用品の種類を確認したり、見積もりを取って複数社を比較することで上手く費用を抑えることができるかもしれません。
賢く活用して、不用品をスッキリさせましょう。

カンタン1分不用品おかたづけの無料見積り査定
本サービスは不用品回収をお考えの方向けに、不用品おかたづけ業者に一括査定依頼ができるサービスです。
本サービスは不用品回収をお考えの方向けに、不用品おかたづけ業者に一括査定依頼ができるサービスです。
不用品おかたづけはとても手間がかかり、時には大がかりな作業になることがあります。
不用品をおかたづけしたいのにおかたづけ方法がわからない、どの業者にお願いするのがいいのかわからない、
といった理由で 部屋の中に不用品を置きっぱなし、という方も多いのではないでしょうか。
エコノバでは、皆様が「安心して」「カンタンに」作業を依頼出来る様な仕組みを整えさせて頂いております。
当サイトの厳しい審査基準や規約をクリアした安心・安全・親切・信頼の専門業者のみご紹介させて頂いておりますので
是非ご安心のうえご希望の業者様をお選び頂ければ幸いです。
あなたに代わって業者に見積もり依頼を出します! 0066-9687-1655